摩周湖から美留和ルート その3
ヤブに入ってみると、足の下はさすがに道らしきものの感触があります。

少し歩くとこんな具合
b0082121_122414.jpg


ほぼ同じ場所でちょっと左手を見ると、美羅尾のスキー場が見えました。
b0082121_1225466.jpg

道中でもこのあたりが絶景でした。

たまに笹の中には倒木があるので、足元をみ見て歩きましょう。
2度ほどむこうずねをぶつけました。

さて、しばらく歩くとダケカンバやトドマツを主体とする林に入ります。
むしろこのあたりの方が立派な道でした。
登山道がちょっと荒れた程度といったところでしょうか。
b0082121_1243548.jpg


微妙にアップダウンしますが、急なところはありませんでした。

ただ、細い道が草に隠れて見えずらく、急な斜面に落ちそうになったこともありました。
やっぱり足元をよく見るべきですね。

まずここでひと休み。
木立の中を歩くのは終わりになります。
ここまででだいたい30分くらいでしょうか。
b0082121_1283094.jpg


この看板のところでは道が3つにわかれていました。
真ん中の道を進むのですが、後でGPSのデータをみると、旧道からずれて歩いていたようです。
この道には作業道や獣道がクロスしていますので、とても分かりにくいのです。
道の整備がされないうちは経験者と行かないと迷ってしまうでしょう。
下りだからいいようなものの、登りはキツそう・・・、あまり考えたくありません。

これ以降は次回に。
[PR]
by nakafootpath0 | 2006-09-05 01:34 | 第6ステージ
<< 摩周湖から美留和ルート その4 摩周湖から美留和ルート その2 >>